コミュニティー

コミュニティー

イタリア語の動詞について
2015/3/30

当校では動詞についてのオリジナルテキストを現在5種類発行していますが、そのあとも2種類を編集中です。 動詞のテキストを作成するわけはいくつかあります。 皆さんが勉強した外国語「英語」はS+V+O+Cという順番で文章が作られているのですが、イタリア語では「V+O+C」でことは足ります。 つまり主語は言わなくてもその分「動詞の変化」により分かるからです。 ですから「動詞とその変化形」を学ばないと大変なことになるばかりか、いつまでたってもイタリア語をマスターすることは出来ないからです。  

チャオのオリジナルテキスト

そこで当校のイタリア語教室「イタリア語会話チャオ」ではオリジナルテキストを動詞を中心に発行しているのです。 日本語には無い「動詞の変化」ですから、たくさんの例文を引いて、理解し、音読し繰り返し使ってみることに役立てています。 特に使われる頻度の高いものを集めて編集しました。 動詞の原型を6つの人称「主語が単数で3つ+主語が複数で3つ」の動詞の変化がまずは記載されていて、その次にはこの動詞を使ったイタリア語の短文が書かれています。 一気に読めるように短い文をたくさん用意してあります。 会話文はそれほど長いものがありませんが、即座に色々な変化に対応出来る訓練がここでは出来るのです。 そして最後は日本語の文章が並んでします。 これまた出来るだけ早くイタリア語に訳していきます。 すぐに出てくるようになればそれは会話をするときに大いに役に立つのと、上達した証です。  

イタリア語の動詞の例

それではここで「食べるmangiareマンジャーレ」という動詞を取上げて説明することにしましょう。 Mangio il pesce crudo.1人称単数 Mangi il pesce crudo.2人称単数 Mangia il pesce crudo.3人称単数 Mangiamo il pesce crudo.1人称複数 Mangiate il pesce crudo.2人称複数 Mangiano il pesce crudo.3人称複数 というように「生魚を食べる」という意味ですが、最初の動詞の部分が変化することで人称を言わなくても、誰が主語だかが分かるのです。 すべての動詞はこのように変化するのですが、mangiareのように規則正しく変化するものとvenire(来る)などのように不規則に変化するものがありますので、それらをすべて覚えなくてはいけないのです。ここでお話しているのは第一歩(初歩の初歩)です。 過去形も未来形も命令形などもそれぞれ変化していくのです。