コミュニティー

コミュニティー

イタリア旅行計画
2015/1/25

イタリア旅行計画・・・・まずはイタリア料理をちょっと勉強すると旅の楽しみが増えます!

日本人のイタリア好きはイタリア旅行の「リピーター」の多さを見ても明確ですね。
どうしてかというと・・・・歴史のある国であること。世界遺産が沢山あること。
イタリア人は人懐っこく親切なこと。イタリアでのお買物は楽しい。イタリア料理はとても美味しい。
などが主な理由でしょう。 これらの中でも誰でも嬉しいことは料理ですね。旅先で料理が口に合わなかったり、不味かったりするとどんなに素敵な景色を観たとしても印象が薄れてしまうものです。ツアー旅行でもそこそこの料理にはありつけるのですが、個人で美味しそうなレストランやトラットリアを巡るのも大きな楽しみですし、期待を裏切ることは少ないでしょう。

それどころか、オリーブオイルをふんだんに使った料理も最初は馴染まない方も、慣れてくると正に絶品料理にはかかせないことが分かってくるはずです。

当校では提携をしているイタリアン「辻秀永シェフの farsi largo !」で3年にわたり「イタリア20州の州料理」の食事会を実施中です。150年前まではこれらの州は国のかたちをとっていましたので、それぞれ個性を持った料理が沢山存在するのです。我が国でも北と南では言葉だけでなく、料理に特徴があるのと同様にイタリアも南北に長い国ですのと、イタリア人が食通でもあることから美味しい料理の宝庫なのです。

すでに開催した「州料理+州の講座」についてはこのホームページに掲載しておりますが、これからは特に印象に残ったお料理(Piatto)のご紹介をしていくことにしましょう。 最初は前菜と呼ばれるAntipasto からです。

・生ハム+果物
ご存じの方も多いかと存じますが、イタリアへ行ったら絶対に召し上がって欲しい前菜を代表するものです。「生ハムとメロン」というと皆さんから沢山の意見が届くことは間違いありませんが、「プロシュット・クルード」と呼ばれるハムと新鮮なメロンとのコラボは正にイタリア料理を代表する絶品であることは間違いありません。ただイタリアではメロンだけでなく、甘いオレンジやいちじくなどともこのちょっと塩味の効いた生ハムとのコンビネーションは間違いなく世界屈指の前菜ということがいえます。

tag