コミュニティー

コミュニティー

トスカーナ州とその州の料理について
2015/1/12

トスカーナ州とその州の料理について1地域 中央イタリア
州都 フィレンツェ
面積 22,990.18km²
人口 3,749,813人 2011年1月1日
人口密度 163.1 人/km2
県 アレッツォ、グロッセート、フィレンツェ、リヴォルノ、ルッカ、マッサ=カッラーラ、ピサ、ピストイア、プラート、シエーナ
コムーネ数 287
 
トスカーナ州とその州の料理について2トスカーナ州は、ピエモンテ、ロンバルディアに続き、イタリアで3番目に大きな州です。
京都とフィレンツェは姉妹都市!
イタリア半島の中西部に位置し、地中海(ティレニア海)に面しておおむね三角形状の領域を持つ。ティレニア海上にあるエルバ島など、トスカーナ群島と呼ばれる島々の大半を管轄下に置く。北東部はアペニン山脈によって区切られている。地形は丘陵が多く、アルノ川が盆地を形成している。

歴史
古代ローマの進出以前はローマの基礎を築いたとされるエトルリア人が多く住む土地で、トスカーナという名前も「エトルリア人の土地」を意味する(古代ローマ人はエトルリア人を “Tusci” と呼び、また “Etrusci” とも呼んだ)。ローマはエトルリア人を吸収し、トスカーナは本国の一部となった。

オドアケルが西ローマ帝国を滅亡させた時代の後は東ゴート王国、東ローマ帝国、ロンゴバルド王国の支配を経た。ロンゴバルド王国がカール大帝に征服されると、後に神聖ローマ帝国となる彼の帝国の一部となり、トスカーナ辺境伯により統治された。
都市コムーネの時代になると、ピサ(1509年まで)や、シエナ(1555年まで)、フィレンツェが台頭し、最終的にはルッカを除くトスカーナの大部分はフィレンツェ共和国(後にトスカーナ大公国)に統治された。

ルネサンス時代はレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ・ブオナローティ、ラファエロ・サンティといったトスカーナ人が注目を浴びた。ローマを中心とするローマ教皇領と並び中心地の一つとなった。長くメディチ家の支配下にあったが、1737年にジャン・ガストーネ・デ・メディチが世継ぎを残さずに死ぬとハプスブルク家の支配下となった。ナポレオンの時代には、1801年から1807年までエトルリア王国が成立するが、ナポレオンが敗退するとハプスブルク家の下に戻った。1860年にサルデーニャ王国に併合され、翌1861年にイタリア王国が成立するが、その後も旧トスカーナ大公家は同族であるオーストリア皇帝家の庇護の下、20世紀初頭までトスカーナの領有権を主張した。

経済・産業
主要な産業は農業で、ワイン、オリーブ、小麦などを生産している。特にワインはキャンティやスーペル・トスカーナといった名品を生産する、世界屈指の名醸地である。トスカーナ州とその州の料理について3
文化・観光
多くの古都を擁するイタリア屈指の観光地である。州には以下のユネスコ世界遺産がある。

トスカーナ州とその州の料理について4
トスカーナ州とその州の料理について5
トスカーナ州とその州の料理について6
トスカーナ州とその州の料理について7

トスカーナ州とその州の料理について8カッラーラについて(Carrara)
トスカーナ州、マッサ=カッラーラ県の小さな街。大理石の生産地として有名で、かのミケランジェロ・ブォナロッティも、カッラーラ産の大理石で傑作を生み出しました。
トスカーナ州とその州の料理について9
トスカーナ州とその州の料理について10
トスカーナ州とその州の料理について11
彫刻家・大木達美さんの作品は、都内でも触れることができます。 皆さんもきっと通ったことのある場所です。

トスカーナ料理

トスカーナ州とその州の料理について12トスカーナ州は、海と山の幸に恵まれた食材の宝庫。世界的にも有名なワインやオリーブオイルの産地でもあります。
農民の食生活を基本に、中世に銀行家として栄えたメディチ家の食文化が融合したのものがトスカーナ料理という印象です。
倹約精神旺盛なトスカーナ人が生み出した素朴な料理の数々は、シンプルなだけに、素材の良さが前面に押し出されたものばかり。
主にメイン料理は肉料理が中心ですが「トスカーナ人の豆喰い」とよく言われるように、豆類はスープやサラダ、煮込み料理にと良くレシピに登場します。
 
 
 
 
 

トスカーナ州とその州の料理について13野菜類も好まれ、付け合せにゆでてオリーブオイルでソテーした青菜類を食べたり、シンプルなサラダで野菜を頂くことも多いです。
素材の持ち味を生かしたシンプルな調理法と味付けゆえ飽きずに食べられます。
そんなトスカーナ料理を支えているのが、香りが高く質のよいオリーブオイル。

トスカーナ料理にはなくてはならない調味料です。
畜産では、シエナ県の放牧豚チンタ・セネーゼやビステッカ・アラ・フィオレンティーナはグルメあこがれの的。
野禽類ではイノシシ肉や、ウサギ肉なども食べられます。

トスカーナ州とその州の料理について14

トスカーナ方言
地方によっても若干違うようですが、代表的な例をいくつか。
Firenze方言の例
・Ho dimenticato!!
・Ho bevuto Coka-Cola!
・Non melo ricordo piu.
・Perche.
・Babbo 

tag