コミュニティー

コミュニティー

カッラーラに着いてすぐに頂いた昼食
2014/6/18

001③カッラーラに着いてすぐに頂いた昼食は、簡単に茹でたパスタにオリーブオイルとパルミジャーノ・レッジャーノをかけたもの。
これがシンプルでとんでもなく美味しい!
 
和子さんが友人から頂いたという香の良いオイルをたっぷりとかける。日本だとバカ高いパルミッジャーノ・レッジャーノは香りも濃厚。これを惜しげもなくズリズリ削る。普段爪に火をともすような暮らしをしている私は感動で手が震えた。なんという贅沢!

002ある晩は、和子さんが外出(ソムリエ試験。なんと夜の9時から!)だったので、夕飯は一人で自炊となり同じパスタを作った。
 
使い切っちゃっていいわよ、と渡されたチーズの塊を、遠慮なく削り、つまみとして齧り、シンプルなゆえに素材の力が試されるパスタは完成。我ながらあまりの美味さに「うまいっ!!」とシャウト!

003石作りの部屋は反響がやたら良く、私の叫びも荘厳なカンジに聴こえる…気がした。
日本でも同じようなものは作れるだろうけど、あの美味しさを再現することは難しいだろう。(予算的にも) 贅沢白いパスタ・カッラーラ風、と言ったところか。
 
あとはルッコラと人参の簡単サラダ。食事会にも来たアンドレア氏のプロセッコも飲み干し、プリンと卵焼きの中間のようなサッパリプリンをドルチェとす。
 
何度も何度も美味い!!という私の叫びが、カッラーラの夜空にこだましたのだった。

004

tag