コミュニティー

コミュニティー

島村千尋さんのイタリア留学報告(4月分)その2
2013/4/2

日本語学科の学生さんはやはり日本食にも興味があるみたいで、私たちのつたないイタリア語の説明で何が入っているか理解できないものも、食べてみる!と言って挑戦してくれました。みんなにおいしいと言って食べてもらえたのでとても嬉しかったです。昼食後はみんなで何をするというなどの計画もなく(さすがイタリア!)、子供みたいにアスレチックをしたり、バレーボールをしたり、ギターを弾いたり、それぞれ自由な時間を過ごしました。

最近はピクニックのほかにも日本食を作る機会が多く4月の後半には、いつも仲良くしているイタリア人の友人4人にカレーライス、おにぎり、肉じゃが、きんぴらごぼう、どら焼きを作り一緒に食べました。おにぎりはピクニックがきっかけで彼女たちも作り方を知りたいということだったので一緒に作りました。イタリア人にとっては「ふりかけ」がとても新鮮らしく、家族にも食べてもらえるようにお土産で渡したら、とても喜んでもらえました。あと、イタリア人が意外と知っている日本食は、どら焼きです。それは、ドラえもんが有名だからです。ドラえもんだけではなく、イタリアでは普段のテレビ番組にドラゴンボールが放送されていたり、セーラームーンなどは私たちと同じくらいの年齢で見ていたそうです。

午後は、お昼に日本食を作ったので、夕飯はイタリアンを作りたいと言ってくれたので、みんなで作れるピザをリクエストして、小麦粉からの作り方を教えてもらいました。これで、本場のピザが日本でもつくれるので、日本の家族にも食べさせてあげたいです。

tag