コミュニティー

コミュニティー

「イタリア野菜」を使った食事会
2016/2/22

2月17日(水)の夕食会は、おなじみfarsi largoの辻 秀永シェフにお任せしたのですが、
期せずしてイタリア野菜にフィーチャーした料理の数々に、
参加者全員びっくりぽん!
料理共に、実物の野菜をドンと見せて頂き、
今まで聞いたことある野菜でも、実物はこんな奇妙な形・色だったのかっ!と皆大興奮でした。
そのいくつかをご紹介。

1)ラディッキオDSC_1801

抗酸化パワーがある野菜です。
つまり「アンチエイジング」に効果があるということです。
2)フィノッキオDSC_1773
ウイキョウ(英語ではフェンネル)
イタリア語では茎の部分をのように呼ぶのですが、
ご覧になったことはありますか?
3)プンタレッラ1455714822699
旬が短い冬から初春の南イタリアの野菜。
「バーニャ・カウダにつけたことのない野菜は知らん!」と言うのは北イタリアの人です。

4)ビーツDSC_1792

とてもヘルシーな野菜ゆえに、「奇跡の野菜」と言われています。
ビタミンC、植物繊維、抗酸化物質を多く含んでいます。

17日の食事会では「ビーツ」を使った「リゾット」を出してもらいました。
白いお皿にピンクのご飯・・・なかなかお洒落なプリモピアットでした。DSC_1790

参加された生徒さんのお話もあり、今年は「イタリア野菜」を使った食事会を開催
することになりました。
ホームページにて案内をしますので、
是非とも、ご参加下さい。
詳しくは  0120-291-087
tag