コミュニティー

コミュニティー

南イタリアの友人宅で大歓迎を受ける!
2012/2/27

南イタリアのモリーゼ州の小さな村で・・・・
 
 友達の実家があるこの小さな村のお祖父さんとお祖母さんが住んでいるところへ招待を受け、FIAT500で尋ねました。 村に入ると小学生たちが道でカルチョをしていました。 このお家を尋ねると答えが返ってきたのですが、残念ながらなまりが強くて分かりませんでした。 そこへ一番年長の(12歳くらい)子供がゆっくりとちゃんとしたイタリアの語で教えてくれました。 「この道を300メートル真っすぐ行って左にある家です。」 礼を言ってゆっくり車を走らせてバックミラーを見たら、子供たち全員が一緒の走ってきていたんです。 その御宅の前までくると、「そこです!」といって親切に改めて教えてくれました。 なんて素朴で良い子供たちだろう・・・・と思っていると、お祖母さんが迎えに出てきてくれました。 そしてすぐに居間に案内され、少し話をしてから、素晴らしく美味しい、すごい量の晩餐をいただくことになりました。

この話の続きは明日のブログで・・・・・
tag