コミュニティー

コミュニティー

奇想の建築
2017/9/3

大層短い夏休みでしたが、会津若松に行ってまいりました。 奇想建築好きの私の目的は、重要文化財にも指定されている“さざえ堂”。 現在はありませんが、内部には三十三観音像が安置されていて、 道内を回ると一気に三十三観音巡りができるという、横着な、 いや、とても効率的な霊場であったようです。 奇抜ですが、コロリとした美しい外観をしており、 内部は二重らせん構造で、一応三層構造。 (何層とかどーでもいいような構造) ゆるやかな斜路は、上りの人と下りの人が行き合わないような設計になっています。 そうです。 ヴァチカン美術館の入り口にある美しい渦巻の階段や、 オルヴィエートのサン・パトリッツィオの井戸と同じ設計です。 フランスの世界遺産シャンボール城の二重螺旋階段は、 レオナルド・ダ・ヴィンチが設計したという説もあるそうです。 とにかく、その発想と、実現させる技術に(しかも美!)、 はぁ~すごいなぁと、ただただ感嘆するばかり。 近い所では、飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京に、 二重らせん階段があるそうですよ。 (コルビジェの弟子、坂倉準三設計) 興味津々。行ってみようかしら。 E 螺旋階段