コミュニティー

コミュニティー

怖い絵展@上野の森
2017/10/23

本の内容が展覧会になったという、画期的な企画!
「怖い絵展」に行ってきました。
ベストセラーとなった本と同様に、連日大盛況なようで、
いつ行こうか…、と迷っていた週末。
ピンチ(台風)はチャンス!
ということで、大雨の中早起きして行ってきました。

「神話と聖書」「悪魔、地獄、怪物」「異界と幻視」
「現実」「崇高の風景」「歴史」の6章に分かれています。
私が本当にゾッとした絵は三枚ほど。
すべて「現実」の章でした。

チケットやポスターに使われている「レディ・ジェーン・グレイの処刑」は、
本当に怖くて哀しい絵です。
近くにいた女子高生が
「この娘タメ(16歳)なんだって。」
「マジで?何があったんだろうね。」
としみじみ語っていたのが印象的。
(なんて素直な視点なんでしょう)

kowaie

 

 

 

 

 

パッと絵を見る→「ふ~ん。」
キャプションを読む→「えっ、そうなの?!」
見方が変わる・
見えてなかったものが見えてくる→「やだ、怖い…」
この三段階がリアルに体感できます。

絵の背景についてしっかりキャプションを読んでから味わう、
というパターンなので、
「芸術はわからん」
と食わず嫌いをしている人にも取っつきやすいのではないでしょうか。

それにしても、キャプションを読むのに夢中で、絵を見ない人が多い!
せっかく本物の作品が展示されているのだからもったいない!

朝一で飛び込んだ私が出てきた時には、もう60分待ちになっていました。
平日、もしくは開館直後・閉館直前をおススメします。

上野の森美術館で、12/17迄開催!

tag