コミュニティー

コミュニティー

超絶技巧!
2017/11/1

チャオ日本橋校の斜め向かいにあります、 日本橋・三井記念美術館で開催中の 「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ-」 に行ってきました。 私の座右の銘は“百聞は一見に如かず”ですが、 一見することの意義を、これほど強く感じる展覧会も珍しいです。 もはや常軌を逸した、超・超・超絶技巧のオンパレード! 時代がどうとか、作者がどうとか、とりあえず置いといて、 出品作家全てに「どうかしてるゼッ!!」とツッコみを入れつつ鑑賞。 同じ人間の手によって、これほど精緻で美しいものが作り出せるのか…、 とリンゴの皮むきすら覚束ない不器用な私は驚嘆しまくりでした。 よりによって、ナゼこんな難しい造形を作ろうと思いつくのか? Mっ気強めのストイックなこだわりを感じずにはおれません。 きっと、3Dプリンターで造られたものからは醸し出ない、 「人の手垢パワー」ともいうべき圧をビシバシ感じて、 もう口は開きっぱなしです。 特に私が気に入った“秋刀魚”“干し柿”は必見! あと“焼き栗”も! デッカい山椒魚など、近寄るのもイヤなくらい不気味でした。 えっ?何の展覧会なの?と思うでしょう。 “百聞は一見に如かず”です! 12/3(日)マデ。 E