コミュニティー

コミュニティー

会話上達の3原則
2018/7/13

1)イタリア語を良く聴く
2)短い文章で良いので、作文を毎日書く
3)イタリア語の会話文を音読する
・・それぞれの項目でコメントを加えて行きますが、この3原則こそが、会話上達の極意です!
1)イタリア語を良く聴く
イタリア語を良く聴くことは言語を理解する上での基本ですが、
自分のレベルを遥かに超えるものを聴いても分からないですから、レベルに合った素材を選ぶことが大切です。
NHKのテレビ、ラジオ講座のテキストを購入して、その時にCDも一緒に揃えることをお勧めします。
毎年4月から9月までと10月から翌年の3月までの6ヶ月間が1つのコースになっています。
是非とも頑張って6ヶ月は続けてCDをしっかり聴いていくと間違いなくイタリア語を聴きとることが出来るようになります。
教科書以外にもある程度勉強してきた方には「イタリア語検定試験」の対策本でCDが付いているものを選んで聴いてみることです。
もちろん好きな音楽をイタリア語で聴くこともとても役に立ちます
但し、イタリア民謡は標準イタリア語でなく、地方の方言で歌われていますので、注意しないといけません。
2)短い文章で良いので、作文を毎日書く
これはとても大切なことです。
長文でなく短文ということは「会話」は短文がしっかり書けるようになれば十分だからです。
ですからこの練習を出来るだけ毎日少しでもすることにより間違いなく各段に上達するのです。
最初の内は時間がかかるかもしれませんが、毎日10~15分で書く分量で充分です。
実際に書いてみると沢山のことを学ぶことになります。
イタリア語は聞いた通り、書いていけば良いのですが、
日本人にとっては、いくらカタカナ読みと言っても「L」と「R」や子音がダブルことを聞き分けて、書くのは簡単ではないのです。
3)イタリア語の会話文を音読する
この音読こそが「会話」に直結するのですが、日本人はやっていません。
ですから音読は苦手という方が多いのです。
でも「会話」をするには声を出してイタリア語を話さなくてはいけないのですから、
この音読がとても大切なことはすぐにお分かりいただけることだと思います。
発音が合っているかどうか自信の無い方は、どうぞ当校にいらして先生と一緒に学んで下さい。 すぐに上達しますので!
それでは日本橋の「イタリア語教室チャオ」にお電話またはメールしてください。
そして是非ともご来校下さい。 経験豊富なプロのイタリア人講師がしっかり教えて行きます。
では 0120-291-087  または info@italiago.com までご連絡下さい。
お待ちしております。
イタリア語教室チャオ
日本橋校
教務部
tel.03-3516-2531
tag